プロペシア・ミノキシジル併用時の効果や飲み方、副作用は?

ビンに入った薬 プロペシア

高い育毛効果があることで知られるプロペシア×ミノキシジルの組み合わせ。
相乗効果により抜け毛の進行を抑えながら、新しい髪を生やすことができます。

このページでは、プロペシアとミノキシジル(タブレット)を併用して使用した際の効果や副作用、治療費などを紹介しています。

商品 ロゲイン ノキシジル
プロペシア ロゲイン ノキシジル
有効成分 フィナステリド ミノキシジル
内容量 28錠 60ml 100錠
価格 7,740円 4,280円 3,800円
タイプ 抜け毛を防ぐ守りのタイプ 発毛を促す攻めのタイプ
特徴 ・最も知名度の高いAGA治療薬
・98%の男性に効果あり
・世界初の発毛剤
・頭皮に塗って使用
・ミノキシジル配合の内服薬
・外用薬よりも強い効果

プロペシアを
最安値サイト
で購入する

ロゲインを
最安値サイト
で購入する

ノキシジルを
最安値サイト
で購入する

AGA治療の定番タッグ・プロペシアとミノキシジル

プロペシア・ミノキシジルAGA(男性型脱毛症)は、前頭部や頭頂部から薄毛が進行していく脱毛症です。
成人男性特有の脱毛症であり、日本では3人に1人の男性にAGAが発症しています。

薄毛や抜け毛に効果的な治療法は様々ありますが、その中でも定番なのがAGA治療薬の併用です。

プロペシアとザガーロは薄毛改善に対して異なるアプローチをします。

併用することによって、効果的に、より短期間でAGA治療を行うことができます。

プロペシアとミノキシジル併用による効果

プロペシアとミノキシジルは、どちらもAGA治療に効果的な治療薬です。
しかしそれぞれの薬が持つ効果には違いがあり、併用することで高い相乗効果が生まれます。

【守り】プロペシアの効果

AGAの原因となる男性ホルモンの働きを阻害するため、抜け毛を抑える効果があります。

【攻め】ミノキシジルの効果
【攻め】ミノキシジルの効果

ノキシジル

毛の成長に大切な毛母細胞を活性化させ、新しく生えてくる毛を強く太くし、発毛する力を高める効果があります。

プロペシアとミノキシジルを併用して使用することにより、抜け毛を抑えつつ、さらに発毛する力を高める効果があるため、より効果的に、短期間で薄毛の改善が期待できます。

薄毛が進行してしまい、高い効果のある治療を望む方や、あるいはプロペシアとミノキシジルどちらか一方の治療だけで改善が見られなかった方は、ぜひ併用を試してみてください。

プロペシアとミノキシジル併用時の副作用

プロペシアとミノキシジルを併用する場合、それぞれの薬による副作用に注意が必要です。

◆プロペシアの主な副作用
・ED(勃起不全)
・性欲の減退
・肝機能障害(だるさ、食欲不振など)
◆ミノキシジル(内服薬)の主な副作用
・むくみ
・心拍数の増加
・多毛症

参考サイト:医療用医薬品:プロペシア-KEGG
ミノキシジル-Wikipedia

初期脱毛が起きた場合の注意

プロペシアとミノキシジルを併用している間に、「初期脱毛」が起こることがあります。
初期脱毛とは、フィンペシアやミノキシジルを使い始めて2週間~3ヶ月まで一時的に抜け毛が増えることです。

不安になるかもしれませんが、初期脱毛が起こっても治療薬を飲み続けるようにしてください。

初期脱毛は悪い副作用ではなく、むしろプロペシアやミノキシジルが効き始めたサインとなります。

AGAを発症している方は、悪玉男性ホルモンと呼ばれる「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響により、髪の毛が弱ってしまいます。
弱った髪の毛は十分に成長できずに細く短いままで、また抜け落ちるまでのサイクルも早まります。

そこでプロペシアやミノキシジルを服用すると、薬の効果により毛根が再び活性化します。
活性化した毛根からは新しい髪の毛が生え始め、弱っている古い髪の毛が押し出されることで初期脱毛が起こるのです。

プロペシアとミノキシジル併用時の飲み方

プロペシアとミノキシジルを併用して治療を行う場合は、それぞれの薬の容量や用法をしっかり守るようにしましょう。

◆プロペシアの服用方法
1日1錠。1日の上限は1mgまで
◆ミノキシジルの服用方法
1日1錠(5mg)。しかし、0.5~1.0mgでも十分な効果が期待できる

いずれも毎日欠かさず飲み続けることで効果を発揮する薬です。
ですが、副作用が強く出た場合はすぐに服用を止め医師に相談するようにしましょう。

プロペシアとミノキシジルの月々の治療費

治療費が高い」という理由より、AGA治療を途中で断念してしまう方は多くいます。

国内のAGAクリニックではプロペシアだけでも1ヶ月分4,000~6,000円ほど、ミノキシジルタブレットで、5,000~1万円ほどかかります。

合計すると月々の治療費は、最大で16,000円ほどかかり、さらに診察費用などがかかります。

およそ年間で20万円ほどかかります。

しかし、プロペシアとミノキシジルは、どちらも海外通販で購入でき病院よりもはるかに安い価格での治療が可能です。

プロペシアとミノキシジルの通販価格

プロペシアとミノキシジルは病院で処方してもらうと年間で20万円ほどの費用が必要となりますが、通販の場合年間で10万円以下の価格で治療ができます。

では詳しい内訳を見ていきましょう。

プロペシア84錠(3ヶ月分)×4ヶ月分=80,400円
ミノキシジル360錠(12ヶ月分)=9,720円


合計 90,120円

プロペシア

サイト ネットのくすり屋さん
28錠 7,740円
56錠 14,700円
84錠 20,100円
サイト

購入

通販でプロペシア84錠(3ヶ月分)を4つ購入すれば、プロペシアにかかる費用は年間80,400円に抑えることができます。

病院で処方してもらうよりも安い価格で購入できますが、それでも年間80,400円は高額ですよね。

そんな方にはさらにお得に購入できる情報を教えちゃいます!

プロペシアをジェネリックに変更すれば、400錠(1年分)を12,768円で済ませることができます。
そのため、プロペシアジェネリックとミノキシジルタブレットを併用した場合の、年間最安値は22,488円です。
年間22,488円はかなり安いですね。
詳しく内訳や商品を見てみましょう。

最安値のプロペシアジェネリック

下記の商品はプロペシアジェネリック最安値のフィンペシアです。

フィンペシアはプロペシアジェネリックの中で1番知名度が高く人気で安く購入できます。

サイト ネットのくすり屋さん お薬なび ベストケンコー 薬の通販オンライン
30錠 1,350円 1,350円
100錠 4,250円 4,250円 3,950円 3,980円
300錠 10,800円 10,800円 7,539円 8,955円

購入

購入

購入

購入

最安値サイト「ベストケンコー」でフィンペシアを購入すれば、300錠7,539円、100錠3,950円、合計400錠を12,768円で購入することができます。

最安値のミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは高血圧の治療薬である「ロニテン」のジェネリックです。
AGAクリニックで処方しているミノキシジルタブレットもすべてジェネリック医薬品ですが、通販を利用して購入したほうが安い価格で購入できます。

下記の商品はその中でも最も安いミノクソールという商品です。
ミノクソール

サイト ネットのくすり屋さん お薬なび ベストケンコー 薬の通販オンライン
30錠/5mg 1,050円 1,050円
60錠/5mg 1,990円 1,990円
90錠/5mg 2,830円 2,830円
180錠/5mg 5,350円 5,350円
360錠/5mg 9,720円 9,720円

購入

購入

取り扱いなし 取り扱いなし

最安値サイトのネットのくすり屋さんと、お薬なびでミノキシジルタブレットを購入すれば360錠(1年分)を9,720円で購入できます。

セット商品なら年間2万円

プロペシアジェネリックの「フィナクス」とミノキシジルの「ミノクソール」のセット商品なら年間2万円で治療可能です。
インドに本社を置く製薬会社「レクメズ」から販売されているフィナクスとミノクソールという薬のセット商品になり、それぞれ単品で購入するよりもお得な価格になっています。

数量 価格
360錠(約6ヶ月分) 10,000円

購入

プロペシアとミノキシジル併用のまとめ

プロペシア・ミノキシジルプロペシアとミノキシジルは、どちらもAGA治療において高い効果があることが確認されています。

抜け毛を防ぐプロペシア発毛を促すミノキシジルとそれぞれの効果も異なるため、相乗効果により、もっと効果的な薄毛改善が期待できます。

AGAクリニックで併用治療を行うと年間で20万円ほどの治療費がかかりますが、通販を利用すれば最安値で年間2万円での治療が可能です。

価格が高くAGA治療を諦めていた方でも、年間2万円なら続けられそうですね。

プロペシアとミノキシジルをうまく活用して、発毛実感を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました