フィナステリドの効果や副作用、飲み方を詳しく解説

プロペシア

育毛剤やAGA治療薬を調べていると「フィナステリド」をよく目にしませんか?
フィナステリドはプロペシアの有効成分ですが、フィンペシアなどのプロペシアジェネリックも多数販売されています。
しかし、いざ調べてみると「専門用語が多くてイマイチ理解できない」という方もいることでしょう。
そこで、ここでは「効果」「副作用」「飲み方」などを分かりやすく解説したいと思います。

  • フィナステリドの効果
  • 効かない場合の対処法
  • フィナステリドの副作用
  • フィナステリドの飲み方

フィナステリドの効果

フィナステリドは、AGAの原因となる物質「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制して脱毛を防ぐ効果があります。
DHTは、男性の体内に必ず存在する男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼ1型・2型という酵素が結合してできる男性ホルモンです。

まずは、簡単に脱毛の原因とフィナステリドの作用を確認してみましょう。

脱毛の原因
DHT(AGAの原因物質)増加
AGA発症・進行(成長途中の髪の毛が抜け落ちてしまう)
・DHT
テストステロン + 5αリダクターゼ1型・2型
フィナステリドの作用
5αリダクターゼ2型を阻害・DHT生成を抑制
結果
ヘアサイクルの正常化・脱毛改善

それでは詳しく確認していきましょう。

フィナステリドはヘアサイクルを整えて脱毛改善

ヘアサイクルの説明 
フィナステリドは、DHTの生成を抑制し、ヘアサイクルを正常にすることで脱毛を防ぎます。

髪の毛は、通常3~6年の時間をかけて成長期、後退期、休止期という流れを経て脱毛して、また新しい毛が生まれてきます。
この髪の毛が生まれてから抜けるまでのサイクルを「ヘアサイクル」と呼びますが、DHTが増加することでヘアサイクルが乱されて短縮されてしまいます。
そして、数か月~1年程度しか成長していない髪の毛が抜け落ちてしまう、これがAGAの原因です。

そこで、効果を発揮するのがフィナステリドです。
フィナステリドは、DHTの生成に必要な5αリダクターゼ2型の働きを阻害することでDHTの生成を抑制します。
その結果、ヘアサイクルが正常な状態に導かれ、脱毛を防ぐのです。

ここまで、フィナステリドの効果を説明してきましたが実際に気になるのは有効性ではないでしょうか?
フィナステリドがAGAに対してどれくらい有効なのか臨床結果を確認していきましょう。

臨床試験結果で見るフィナステリドの有効性

フィナステリドの有効性を確認するために、プロペシアの国内の臨床試験結果を確認してみましょう。
結論からいうとプロペシアはAGAに対し、臨床試験において98%もの有効性があることが明らかになりました。
以下はプロペシア(フィナステリド1mg)を1日1錠服用した場合の臨床試験結果です。

服用期間 改善 維持
1年後 58% 40%
2年後 68% 31%
3年後 78% 20%

※改善 → 抜け毛が減り、薄毛が改善された
※維持 → 抜け毛が減り、薄毛の進行が止まった

ここで重要なのは、1年目よりも3年目の改善率が高いことです。
つまり、継続して服用をすればするほど、AGAの改善効果も高まることを覚えておきましょう!

参考:プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg

ガイドラインで推奨度A

フィナステリドは、日本皮膚科学会でもAGA治療に対して強く推奨されています。
まずは、以下の日本皮膚科学会が出しているAGA治療薬の推奨度を確認してみましょう。

AGA皮膚科学会

出典:日本皮膚科学会ガイドライン

フィナステリドの推奨度は「A(行うよう強く勧める)」に分類されています。
なお、女性脱毛症に対しては「D(行うべきではない)」となっているため、女性の使用は控えましょう。
臨床試験の結果と、ガイドラインの推奨度を確認すれば、フィナステリドがAGA治療に対して高い有効性があることがわかります。

フィナステリドの効果を実感できるのはいつ?

フィナステリドの服用を開始してから、多くの場合は6ヶ月程度で効果を実感できます。
ただし、個人差があるため、全ての方に当てはまるわけではありません。

効果を実感できるまでの期間
早い人だと3ヶ月程度
多くの場合は6ヶ月程度

そもそも、AGAはヘアサイクルの短縮が原因です。
その短縮されたヘアサイクルを正常化するまでに、どうしても3~6ヶ月程度の時間が必要となるため即効性はありません。
そのため、最低でも6か月間、継続して服用することが、AGAを改善するために重要な方法です。

ただし、6ヶ月継続して服用を続けて効果がなかった場合は、他の治療薬を使用することを視野に入れましょう。

フィナステリドの初期脱毛について

フィナステリドを服用した場合、多くの方が「初期脱毛」を起こします。
初期脱毛とは、AGA治療薬の使用を開始した後に一時的に薄毛が悪化する現象で、個人差はありますが、服用開始から2~3週間程度で起こり、それから3ヶ月ほど続くといわれています。

ただし、初期脱毛は悪いことではありません。

乱れたヘアサイクルを正常なヘアサイクルにする際に、それまでに生えていた抜け落ちやすい髪の毛が一時的に抜け落ちるのが初期脱毛です。
フィナステリドが効いているからこそ起こるものですので、心配する必要はありません。
逆に初期脱毛時に服用を中止してしまうと、本来得られるはずの効果を得られなくなってしまいます。
初期脱毛により薄毛が目立つ場合は、帽子をかぶる、髪型を一時的に変えるといった方法で何とか乗り越えるようにしましょう。

フィナステリドの発毛効果は?

残念ながらフィナステリドには、発毛効果はありません。
そもそも、フィナステリドの作用は、ヘアサイクルを正常化して脱毛を防ぐことです。

しかし、臨床結果を見ると、多くの服用者から薄毛改善の報告があるのも事実です。
これは、何もしなければ抜けてしまう毛が、フィナステリドの作用により、抜けずに成長した結果、毛の量が増えたと考えられます。
つまり、直接的な発毛効果がなくても、脱毛を防いだ結果、毛の量が増えるのです。
そのため、AGAが進行する前の初期段階で、フィナステリドを使用することでより高い改善効果が得られます。

なお、発毛効果が唯一認められている成分はミノキシジルです。
ミノキシジルには外用薬と内服薬に分類されますが、フィナステリドを併用することで、AGAの改善効果が期待できます。

フィナステリドを飲み続けると効果は薄れる?

フィナステリドは、服用を長期間継続しても効果が薄れるようなことはありません。

フィナステリドは最低でも6ヶ月の服用が推奨されていることからわかる通り、長期間継続して使用することで効果が高まる治療薬です。
そのため、薬剤の継続使用で効果が弱まる治療薬ではAGA治療薬として認められることはないでしょう。
逆に、服用をやめることで、フィナステリドによって止められていたAGAが再度進行してしまう可能性があるため注意しましょう。

プロペシアとジェネリックを確認してみよう

フィナステリドの効果を解説してきましたが、ここで1度、プロペシアをはじめとするフィナステリド錠剤を確認してみましょう。

以下は海外通販で購入できるプロペシアと代表的なプロペシアジェネリックです。

フィナステリドが効かない場合の対処法

悩む人 

フィナステリドは高い有効性が認められているAGA治療薬ですが、全ての方に適しているわけではありません。
そのため、半年使用しても脱毛が改善しない場合や、満足な効果が得られない場合は、他のAGA治療薬を使用することで効果を発揮する可能性があります。
ここでは、フィナステリドが効かない場合の対処法として3つ紹介していきます。

・ミノキシジルとの併用
脱毛は改善したが薄毛が改善しない方
・ザガーロへ切り替える
半年経っても脱毛が改善しない方
・クリニックに相談してみる
不安な方や自分に適した治療方法を知りたい方

それでは詳しく確認していきましょう。

ミノキシジルとの併用

フィナステリドの服用を開始して脱毛は減ったけど薄毛が改善しない方は、ミノキシジルとの併用で発毛効果を実感できる可能性があります。
なぜなら、フィナステリドとミノキシジルはタイプが異なる成分だからです。

フィナステリド(守るタイプ)
脱毛を防止して薄毛の進行を止める
ミノキシジル(攻めるタイプ)
発毛する力を高める

薄毛のアプローチが異なる2つの成分を併用することで、AGAの改善効果が高まる可能性があります。
なお、ミノキシジルは「ミノタブ」と呼ばれる飲むタイプの内服薬と「リアップ」などで知られる塗るタイプの外用薬の2種類にわけられます。

海外通販では、フィナステリドとミノキシジルのセット商品も販売しているため、併用を考えている方はセット商品で試してみるのも1つの方法です。

フィナステリド+ミノキシジル

フィナクスとミノクソール
プロペシアジェネリックとミノタブのセット商品

数量 価格
180錠(約3ヶ月分) 6,000円 購入
360錠(約6ヶ月分) 10,000円 購入

フィナステリド+ツゲイン5%(6ヶ月分)


プロペシアとロゲインのジェネリックセット商品

数量 価格
フィナクス180錠
ツゲイン5%3箱
11,000円 購入

ザガーロに切り替える

ザガーロは、フィナステリドの1.6倍もの発毛効果があるAGA治療薬です。
ザガーロの有効成分「デュタステリド」も、フィナステリドと同様に脱毛を防止して薄毛の進行を止めるタイプのAGA治療薬ですが作用に違いがあります。
まずは、フィナステリドとデュタステリドの作用の違いを確認しましょう。

フィナステリド:5αリダクターゼ2型を阻害
デュタステリド:5αリダクターゼ1型・2型両方を阻害

AGAの原因であるDHTは、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼ1型・2型という酵素が結合して生成されます。
フィナステリドが5αリダクターゼ2型のみを阻害するのに対して、デュタステリドは1型・2型の両方の働きを阻害します。
そのため、フィナステリドが効かなかった場合でも、デュタステリドなら効果が発揮できるかも知れません。

なお、5αリダクターゼ1型・2型は存在する場所が異なります。
男性の画像

5αリダクターゼ1型:側頭部・後頭部
5αリダクターゼ2型:前頭部・頭頂部

このように、フィナステリドが効かなかった人以外にも、後頭部や側頭部の薄毛に悩む方にもデュタステリドが効果的といえます。

ここで、1度ザガーロと同じGSK社が製造・販売しているデュタステリド配合の「アボダート」や、ザガーロジェネリックを確認してみましょう。

商品
アボダート デュタストロン デュプロスト ベルトリド
メーカー GSK レクメズ シプラ インタスファーマ
内容量 90錠 90錠 100錠 100錠
価格 7,224円
(1錠:80円)
7,200円
(1錠:80円)
9,000円
(1錠:90円)
9,000円
(1錠:90円)
詳細 アボダート
を詳しく見る
デュタストロン
を詳しく見る
デュプロスト
を詳しく見る
ベルトリド
を詳しく見る
特徴 ザガーロと同じGSK社製
・世界102ヶ国以上で使用
・ジェネリック最安値
・日本人向けに開発
・フィンペシアと同じシプラ社製 ・唯一の錠剤
アボダートを
最安値サイト
で購入する
デュタストロンを
最安値サイト
で購入する
デュプロストを
最安値サイト
で購入する
ベルトリドを
最安値サイト
で購入する

クリニックで相談してみる

フィナステリドで効果が得られない際に、「AGAは改善しないのでは?」と不安を抱えてしまう方がいるようです。
不安はストレスの原因となるため、さらにAGAを悪化させてしまうかもしれません。
そのため、思うような効果を得られなくて悩んでいる場合は、専門医に相談してみるのも1つの方法です。
もしかしたら、飲み方を間違えている場合や、他にAGAを悪化させてしまう原因が見つかる可能性もあります。
どのクリニックに行けばいいかわからないという場合は、私自身も以前利用したことのある以下のサイトが便利です。

フィナステリドの飲み方

薬と水

フィナステリドの効果をしっかりと得るためには飲み方をしっかり守ることが大切です。
ただし、難しく考えることはなく、「毎日決まった時間に1錠飲む」ことだけ意識しておけば問題ありません。

フィナステリドの飲み方
1日1回決まった時間に0.2~1mgを服用

食事の影響はありませんので、食前でも食後でも服用して問題ありません。
ただし、フィナステリドの効果は24時間とされているため、効果を一定に保つためにも、毎日決まった時間に服用するようにしましょう。
なお、1度に多くの量を服用しても効果は変らないばかりか、副作用のリスクが高まってしまうため、決められた用量を守ることが大切です。

参考サイト:フィナステリド:プロペシア

飲み忘れた場合は?

フィナステリドは毎日服用することで効果が発揮されますが、飲み忘れてしまう場合もあるかもしれません。
もしも、飲み忘れた場合は以下のように対処しましょう。

飲み忘れに気付いたのが当日の場合
すぐに1錠服用
飲み忘れに気付いたのが翌日の場合
前日分は飲まないで1日分だけ服用

前日分と合わせて2回分を飲むのは副作用のリスクが高まるため控えましょう。

なお、私自身も忘れっぽいため、何度か飲み忘れを経験したことがあります。
そこで、「携帯のアラームを服用時間5分前にセット」するようにしてから飲み忘れをしないようになりました。
もしも、忘れてしまいそうと感じる場合は、携帯のアラームをセットしてみてはいかがでしょうか?

フィナステリドを飲む期間は1ヶ月?1年?

フィナステリドは、最低でも6ヶ月間の服用が推奨されています。

即効性がないため、あきらめたくなる気持ちや、効かないのではという焦りが生じるかもしれません。
しかし、途中でやめてしまえば、得られるはずだった効果も得られないまま終わってしまいます。
長期間、服用を継続することで効果が高まるのも事実ですので、焦らず、慎重に継続していきましょう。

ただし、6ヶ月服用した結果、効果が現れない場合は、フィナステリドが体に合っていない可能性も考えられます。
その際は、別のAGA治療薬を試した方がいいかもしれません。

フィナステリドの副作用

頭を抱える画像

フィナステリドは、安全性が高く、副作用が少ない医薬品です。
ただし、副作用のリスクはゼロではありませんので、ここでフィナステリドの副作用を確認しておきましょう。

フィナステリドの主な副作用は以下の通りです。

男性機能障害(0.7~1.1%)
性欲の減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少

肝機能障害(0.2%)
肝炎リスクを示す血液検査値(AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇)の上昇
倦怠感、食欲不振、吐き気など

続いて、フィナステリドの気になる副作用です。

抑うつ症状

それでは、それぞれの副作用を詳しく確認していきましょう。

参考サイト:医療用医薬品:プロペシア-KEGG

男性機能障害について

フィナステリドの副作用として、よく耳にするのはED(勃起機能不全)などの男性機能障害ではないでしょうか?
男性にとっては、気になる副作用ですが、臨床試験での結果では以下の通り、発生頻度が極めて低いことが確認されています。

性欲減退:1.1%
勃起機能不全:0.7%

上記の他にも射精障害、精液量減少などが起こる可能性がありますが、これらの発生頻度も1%未満と極めて低くいため、あまり気にする必要はありません。
しかし、精神的な不安がEDを起こす可能性があるため、以下に該当する方は注意しましょう。

悩みやすい方
落ち込みやすい方
ストレスや疲れがたまっている方

ただし、気にしすぎるのもよくないため、ここでEDかなと思った際の3つの対処法を紹介しておきます。

気にしすぎないこと
クリニックで相談
ED治療薬を使用する

この中で、即効性があるのはED治療薬の使用です。
フィナステリドとED治療薬は併用しても問題がないため、1つの対処法として覚えておくと不安にならずに済むかもしれません。

肝機能障害

フィナステリドの重大な副作用として肝機能障害が挙げられます。
発生頻度は0.2%と極めて低いのですが、以下の方はとくに注意が必要です。

肝臓に持病がある
習慣的に飲酒する
肥満

とくにフィナステリド服用前から肝臓に持病がある場合は、副作用が現れやすくなるため、服用前に事前に医師に相談するようにしましょう。
なお、以下は肝機能障害の初期症状となるので、該当する症状が出た際にはすぐに医師に相談をしましょう。

倦怠感
食欲不振
吐き気
発熱
発疹
かゆみ
皮膚や白目が黄色くなる
尿が茶褐色

肝機能障害は自覚症状も少ないため、これらの症状が出ない場合もあります。
そのため、定期的な血液検査や、健康診断の結果を踏まえて服用することをおすすめします。

抑うつ症状

非常に稀な副作用ですが、フィナステリドが原因で抑うつ症状を引き起こす可能性があります。
発生頻度としては低いため、過敏になる必要はありませんが、うつ症状の前兆を確認しておきましょう。

うつ症状の前兆
仕事がつらくなる
やる気が出ない
集中力がなくなる
イライラしやすくなる
不安や心配事が増える
人に会うのがつらくなる
動悸や息切れがする

上記は一例ですが、少しでも異常を感じるようなことがある場合は、医師に相談をしましょう。

フィナステリドの注意点

リスク

フィナステリドの注意点として以下の3つを確認していきましょう。

他の薬との併用はできる?
フィナステリドを服用できない人は?
フィナステリドを服用中は献血ができない

それでは、詳しく確認していきましょう。

他の薬との併用はできる?

フィナステリドは、併用禁忌薬(併用できない薬)・併用注意薬(併用に注意が必要な薬)共に現在、報告されていません。
そのため、現在、何か服用している薬があった場合でも、フィナステリド錠剤を使用できます。

ただし、他の薬との併用に不安を感じる場合は、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

フィナステリドを服用できない人は?

フィナステリドは人によっては使用できないケースがあります。
以下に該当する方は、フィナステリドを含む医薬品を服用することができません。

女性
未成年
フィナステリドに対してアレルギーを起こしたことがある方

女性に対するフィナステリドの適用がないため、女性がフィナステリドを使用することは禁止されています。
とくに妊娠中や授乳中の方は、フィナステリドを服用することはもちろん、錠剤に触れることもできないため注意しましょう。
なぜなら、フィナステリドが、男子胎児の生殖器の発達に影響を与える可能性があるからです。

なお、未成年への安全性・有効性が確認できていないため、未成年はフィナステリドを使用できません。
そして、プロペシアやプロペシアジェネリックでアレルギー経験のある方も再び同じ症状が出る可能性が高いため、フィナステリドの服用は禁止されています。

上記に該当しない場合でも、体に何か不安がある場合は、事前に医師に確認した上でフィナステリドを使用しましょう。

参考サイト:医療用医薬品:プロペシア-KEGG

 

フィナステリドを服用中は献血ができない

フィナステリドを服用中は、献血はできません。
なぜなら、フィナステリドが血液中に含まれている場合、特定の献血者に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
服用を中止してから1ヶ月経たないと献血できないことを覚えておきましょう。

安全にフィナステリドを使用するために

安全にフィナステリドを使用するためには、フィナステリドについて正しい知識を得ることが重要です。
このページの要点まとめ

効果
有効性は高いが、即効性がないため最低6か月間の長期的な服用が必要
飲み方
1日1錠を毎日決まった時間に服用する(大量に服用するのは禁止)
副作用
発生頻度は低いがリスクはゼロではない

フィナステリドは、安全性や有効性が非常に高いAGA治療薬です。
ただし、医薬品である以上、副作用などのリスクや正しい飲み方を理解しておくことが必要です。
また、すぐに効果が現れないからといって諦めてしまっては、本来得られるはずの効果を得られないまま終わってしまいます。
これらのフィナステリドの情報を覚えておくことで、AGA改善に一歩前進することでしょう!

タイトルとURLをコピーしました